◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇

 まちえん通信 第247号 2016 年12月1日

 NPO 法人小田原まちづくり応援団 http://www.machien.net/

◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇

 

12月になると今年の漢字ということで募集がありますね。

昨年は「安」でした。今年はどんな一字でしょうか。私は「夢」を選びました。

政治的な話題は別格として今年はスポーツの世界でひたむきな思いが私たちに夢を

与えてくれました。熊本地震他自然災害から立ち直る人々の生きる力も将来への夢が

あってこそと思います。皆様の今年の漢字一字は何でしょうか。

師走の寒さの中、どうぞお元気にお過ごしくださいませ。

 

災害復興途中の方々のご健康とご安寧をお祈りします。

 

 

それでは、清閑亭よりいろいろなイベントのご案内です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小田原邸園交流館 清閑亭 12月・1月イベントのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清閑亭〜邸園交流でまちづくり〜(清閑亭ブログ)

http://machien5.exblog.jp/

 

◆12月2日(金)学んでガッテン学芸員講座32「牧野信一の幻想世界」

◆12月3日(土)紅葉を見ながら、西海子(さいかち)界隈ゆったり散歩

◆12月4日(日)板橋の隠れた紅葉スポット 三大邸園をめぐる観楓会

◆12月8日(木)ちりめん細工教室

◆12月19日(月)街かど博物館体験ツアー

                「東海道五十三次小田原宿と街かど博物館めぐり」

◆12月23日(金・祝)ミニ門松づくり&お餅つき会

◆1月9日(月・祝)お正月!書き初め会

◆1月12日(木)ちりめん細工教室

◆1月22日(日)清閑亭閑話会17-あの店この人に聞く−「はなまる農園・石井久喜さん」

 

<年末年始休館日のお知らせ>

清閑亭は12月27日(火)〜1月3日(火)までお休みをいただきます。

 

イベントの詳細は下記をご覧ください。

お問い合わせ・お申込みは、清閑亭(TEL 0465-22-2834)まで。

 

 

----------------------------------------------------------------------

12月2日(金)

学んでガッテン学芸員講座32

「牧野信一の幻想世界」

----------------------------------------------------------------------

今こそ読むべき牧野文学。その魅力をご紹介します。

 

日 時 平成28年12月 2日(金)13:30〜15:00

 

会 場 小田原文学館

※10/15(土)〜12/4(日)まで小田原文学館では、

特別展「生誕120年記念 牧野信一の心象風景」を開催中です。会期中無休。

 

定 員 40名(申込先着順)

 

参加費 500円

 

講 師 鳥居紗也子さん(市立図書館学芸員)

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

----------------------------------------------------------------------

12月3日(土)

紅葉を見ながら、

西海子(さいかち)界隈ゆったり散歩

----------------------------------------------------------------------

明治から昭和初期にかけての小田原市西海子(さいかち)界隈は、

伊藤博文、宮内大臣の田中光顕、山縣有朋の側近・松本剛吉など

政界・軍関係者の別邸、北原白秋や谷崎潤一郎などの文学者などの邸宅が

集中していました。

このツアーでは、紅葉を楽しみながら、西海子界隈をゆったりと散策し、

紅葉スポットでもある松本剛吉別邸で茶菓子も楽しみます。

 

日 時 平成28年12月 3日(土)13:30〜16:00

 ※集合:清閑亭(小田原市南町1-5-73)

 

定 員 40名(申込先着順)

 

参加費 2,500円(茶菓子付き) 

 

<行 程>

清閑亭(集合)→伊藤博文別邸跡→文学者邸宅跡→宮内大臣・田中光顕別邸(内部)

→松本剛吉別邸(内部・茶菓子)→小田原城址入口(解散)

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

----------------------------------------------------------------------

12月4日(日)

板橋の隠れた紅葉スポット 三大邸園をめぐる観楓会

----------------------------------------------------------------------

小田原板橋地区は旧東海道に面して今でも静かな界隈です。

その地はかつて多くの政財界人が邸園を構えた別荘地でした。

今回は隠れた紅葉スポットの三邸園などをめぐり、

小田原の特選菓子も味わう、2度美味しい観楓会です。

 

日 時 平成28年12月 4日(日)13:30〜16:00

 ※集合:箱根登山線・箱根板橋駅改札前

 

定 員 40名(申込先着順)

 

参加費 2,000円(セレクション菓子付き) 

 

<行 程>

箱根板橋駅(集合)→秋葉山量覚院→電力王の松永安左ヱ門旧邸・老欅荘

→首相の山縣有朋旧別邸・古稀庵の流水式庭園散策

→清閑亭(小田原市民がおもてなしに選んだセレクション菓子・解散)

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

----------------------------------------------------------------------

12月8日(木)ちりめん細工教室

----------------------------------------------------------------------

ちりめん生地を使って小物や人形など、

毎月かわいい作品を作ります。

 

日 時 平成28年12月 8日(木)10:00〜12:00

 

定 員 40名(申込み先着順)

 

参加費 700円(材料費込み)

 

持ち物 裁縫道具

 

講 師 エコホビーシジミ

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

----------------------------------------------------------------------

12月19日(月)

街かど博物館体験ツアー

「東海道五十三次小田原宿と街かど博物館めぐり」

----------------------------------------------------------------------

10月から12月まで1か月に一回開催となる

【街かど博物館体験ツアー】

 

12月は、

「東海道五十三次小田原宿と街かど博物館めぐり」です。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

※「街かど博物館」とは 

小田原には古くから栄えた産業文化を今に伝える地域資産がたくさんあります。

かまぼこ、漬け物、菓子、ひもの、塩辛、そして木工などの地場産業が

その代表的なものです。

工夫を凝らした展示、店主との会話、さらには体験を通して、小田原の産業にかかわるひと・

製品・ものづくりの結びつきを知ってもらうことにより、小田原の魅力を高めようとするのが「街かど博物館」です。

(小田原市ホームページより)

 

日 時 平成28年12月 19日(月)10:00〜16:00

 ※集合:JR小田原駅改札前

 

定 員 25名(申込先着順)

 

参加費 2,800円(昼食代含む) 

 

<行 程>

(集合10:00)JR小田原駅→柏木美術鋳物研究所

→田中屋本店→早瀬幸八商店→丸う田代→(昼食・小田原おでん本店)

→松崎屋陶器店→古清水旅館資料館・清水→山田呉服店→籠常→竜宮神社

→小田原宿なりわい交流館(解散16:00)

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

 

----------------------------------------------------------------------

12月23日(金・祝)ミニ門松作りとお餅つき会

----------------------------------------------------------------------

お正月の玄関を飾る、恒例のミニ門松作りの講習会です。

完成後に年忘れお餅つき会も行います。

 

日 時 平成28年12月 23日(金・祝)13:00〜16:00

 

定 員 40名(申込み先着順)

 

参加費 1,500円(材料費、お餅1パック付き)

 

持ち物 植木ばさみ、軍手

 

講 師 長崎務さん(長崎造園)

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

----------------------------------------------------------------------

1月9日(月・祝)お正月!書き初め会

----------------------------------------------------------------------

書にも長けた黒田侯爵に倣い、1年の抱負を書き初めしましょう。

 

日 時 平成29年1月 9日(月・祝)13:00〜16:00

 

定 員 40名(申込み先着順)

 

参加費 1,000円(茶菓子付き)

 

講 師 堤千恵子さん(書家)

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

----------------------------------------------------------------------

1月12日(木)ちりめん細工教室

----------------------------------------------------------------------

ちりめん生地を使って小物や人形など、

毎月かわいい作品を作ります。

 

日 時 平成29年1月 12日(木)10:00〜12:00

 

定 員 40名(申込み先着順)

 

参加費 未定(材料費込み)

 

持ち物 裁縫道具

 

講 師 エコホビーシジミ

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

----------------------------------------------------------------------

1月22日(日)清閑亭閑話会17-あの店この人に聞く-

----------------------------------------------------------------------

今回は小田原で独自の農業を営み、

有機農法で育てた野菜を美味しく味わう取り組みもされている

石井さんにお話を伺います。

 

日 時 平成29年1月 22日(日)13:00〜15:00

 

定 員 40名(申込み先着順)

 

参加費 1,000円(資料・茶菓子付)

 

講 師 石井久喜さん(はなまる農園)

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清閑亭オリジナルグッズ発売中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清閑亭ご来館記念に、小田原のお土産に……ぜひどうぞ!

 

◆清閑亭オリジナル絵葉書

3枚1組200 円

 

◆清閑亭スケッチ展作品絵葉書

5枚1組300円

 

◆小田原レトロ絵葉書-100年前流行した風景写真葉書復刻版

1枚100 円(11 枚セット1,000円)

 

◆清閑亭オリジナル手ぬぐい

1本500円(2本セット800円)

 

【その他物販】

◇NPO法人アール・ド・ヴィーヴル グッズ委託販売(ペン、ノートなど)

 ※商品の収益金は活動資金として寄付されます。

 

◇いぶき会 常設販売

 小田原箱根の若手木工作家達「いぶき会」の作品、常設販売。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Cafe清閑亭も営業中!(ご利用時間:開館日の11時〜16時)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お庭と海を眺めながら、ゆったりとしたひとときをどうぞ。

 

◆珈琲・紅茶(クッキー付) 各350円

◆カフェオレ(クッキー付) 400円

◆抹茶(清閑亭セレクトのお菓子付) 500円

◆抹茶フロート 650円

◆侯爵の紅茶(スコーン付) 800円

◆ビール(おつまみ付) 500円

 

<季節限定メニュー(冬)>

★おしるこ 500円(珈琲・紅茶セット750円/抹茶セット900円)

 

 

=====まちなかウォッチング=====



暮れの17日はいつも飯泉の観音様にだるまを買いに行くのが

我が家の年中行事になっています。17日の夜から18日にかけて

飯泉の空は赤く染まりお線香の煙が漂います。

坂東三十三観音の五番札所として有名な飯泉山勝福寺(飯泉観音)では、

関東地方で一番早くだるま市が開かれます。

境内には数多くのだるまを売る店の軒が並び、商売繁盛・家内安全を願う

家族連れで賑わいます。奈良時代の創建です。

曽我兄弟が仇討ちの際に日参し成功したという伝説で知られる勝福寺には、

樹齢1000年といわれる大イチョウ(県天然記念物)が、

11月末頃黄金色に染まる姿は圧巻です。通信を書いている今頃、

地面は黄色く染まっているかもしれませんね。

今年は受験生もいますので末広がりの8号のだるまさんを買おうと思います。



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ ◆ ◆ ◆ 編 集 後 記 ◆ ◆ ◆ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遠山に 日のあたりたる 枯野かな      高浜虚子

 

我が家のはるか西方に見える箱根山に冬枯れの夕陽が当たり辺りが

一瞬輝くことがあります。木枯らしの吹く時であっても幸せな

西方浄土のような気がして思わず手を合わせたくなります。

今年も1年まちえん通信でお世話になりました。ありがとうございます。

佳いお年をお迎えくださいませ。(のーちゃん)

トップページ