◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇

  まちえん通信 第243号 2016 年8月1日

  NPO 法人小田原まちづくり応援団 http://www.machien.net/

◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇*◇

明けそうで明けなかった梅雨明けが待たれて

小田原のあちこちでは梅を干す香りが何とも言えず夏本番を感じます。

清閑亭ではお申し込みで茶道のミニ体験が出来ます。

抹茶を頂くだけの初歩的な所作ですが、

その一時を一期一会として日本的なおもてなしの心を感じて頂きます。

暑い夏ですが、蝉の声とお茶を楽しみにお出かけ下さいませ。



*災害復興に汗を流されている方々のご健康を祈ります。



それでは、清閑亭よりいろいろなイベントのご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小田原邸園交流館 清閑亭 8・9月イベントのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清閑亭〜邸園交流でまちづくり〜(清閑亭ブログ)

http://machien5.exblog.jp/



◆8月11日(木・祝)8月 ちりめん細工教室「おサルさん」

◆8月13日(土)〜21日(日)アール・ド・ヴィーヴル展「自分らしく生きる5」

◆8月13日(土)アール・ド・ヴィーヴル展 ギャラリートーク 「障がい者アートを語ろう2」


◆8月24日(水)〜9月5日(月)ODAWARA*ワークショップ2016作品展 《アートにタッチ1》


◆9月8日(木)9月 ちりめん細工教室「七宝まり」

◆9月15日(木)十五夜漢詩吟詠会「月を待つ、小田原箱根漢詩散歩」



詳細は下記をご覧ください。

お問い合わせ・お申込みは、清閑亭(TEL 0465-22-2834)まで。

----------------------------------------------------------------------

8月11日(木・祝)

8月 ちりめん細工教室「おサルさん」

----------------------------------------------------------------------

ちりめん生地を使って小物や人形など、

毎月かわいい作品を作ります。

 

日 時 平成28年8月 11日(木・祝)

    10:00〜12:00

 

定 員 40名(申込み先着順)

 

参加費 700円(材料費込み)

 

持ち物 裁縫道具

 

講 師 エコホビーシジミ

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団



----------------------------------------------------------------------

8月13日(土)〜21日(日)

アール・ド・ヴィーヴル展「自分らしく生きる5」

----------------------------------------------------------------------

同名NPO法人は「障がいがあっても自分で選択していく人生を送れる社会に」

という願いのもと活動しています。

昨年に続きこの夏も、アートを通じて地域と障がいを持つ人々をつなぐ作品展を開催します。

 

日 時 平成28年8月 13日(土)〜21日(日)

    11:00〜16:00 ※火曜休館



【ギャラリートーク「障がい者アートを語ろう2」】

世界中で注目が集まる障がい者アート。

その現状と展望を、アール・ド・ヴィーヴルのアートディレクター中津川浩章氏より伺います。

日 時 平成28年8月13日(土)13:30〜

会 場 清閑亭

参加費 1,000円(茶菓付き)

申込み 清閑亭(0465-22-2834)までお電話で

 

【主催】NPO法人アール・ド・ヴィーヴル



----------------------------------------------------------------------

8月24日(水)〜9月5日(月)

ODAWARA*ワークショップ2016作品展 《アートにタッチ1》

----------------------------------------------------------------------

「小田原ビエンナーレ」の間の年にあたる今年。

5月と6月に開催された現代美術のワークショップに参加された方々や講師、

実行委員が制作した作品などを展示する、現代アート展です。

 

日 時 平成28年8月 24日(水)〜9月5日(月)

    11:00〜16:00 ※火曜休館

 

【主催】ODAWARAワークショップ実行委員会

 

----------------------------------------------------------------------

9月8日(木)

9月 ちりめん細工教室「七宝まり」

----------------------------------------------------------------------

ちりめん生地を使って小物や人形など、

毎月かわいい作品を作ります。

 

日 時 平成28年9月 8日(木)

    10:00〜12:00

 

定 員 40名(申込み先着順)

 

参加費 700円(材料費込み)

 

持ち物 裁縫道具

 

講 師 エコホビーシジミ

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団



----------------------------------------------------------------------

9月15日(水)十五夜漢詩吟詠会

「月を待つ、小田原箱根漢詩散歩」

※申込み受付は8月15日(月)から

----------------------------------------------------------------------

小田原・箱根は、清閑亭の黒田侯爵はもちろん、

江戸時代から多くの文人たちを魅了する場所として、

珠玉の漢詩が多数つくられてきました。

そんな漢詩の秀作を日本語と中国語で朗詠し、

map上で紹介する魅力的な朗詠会です。

 

<今回取り上げる詩人>

・林羅山

・頼山陽

・山縣有朋

・黒田長成

・夏目漱石



日 時 平成28年9月 15日(水)15:00〜18:30

 

講 師 住田笛雄さん(全日本漢詩連盟常務理事)

    横溝藍鵬さん(朝翠流宗範)

    □ 莉さん(神奈川県日本中国友好協会中国語講師)

 

定 員 50名(申込先着順)

 

参加費 2,500円(夕食、漢詩冊子、map付) 

 

【主催】NPO法人小田原まちづくり応援団

    神奈川県漢詩連盟詩游会(しゆうかい)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清閑亭オリジナルグッズ発売中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清閑亭ご来館記念に、小田原のお土産に……ぜひどうぞ!

 

◆清閑亭オリジナル絵葉書

3枚1組200 円

 

◆清閑亭スケッチ展作品絵葉書

5枚1組300円

 

◆小田原レトロ絵葉書-100年前流行した風景写真葉書復刻版

1枚100 円(11 枚セット1,000円)

 

◆清閑亭オリジナル手ぬぐい

1本500円(2本セット800円)

 

【その他物販】

◇NPO法人アール・ド・ヴィーヴル グッズ委託販売(ペン、ノートなど)

 ※商品の収益金は活動資金として寄付されます。

 

◇いぶき会 常設販売

 小田原箱根の若手木工作家達「いぶき会」の作品、常設販売。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Cafe清閑亭も営業中!(ご利用時間:開館日の11時〜16時)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お庭と海を眺めながら、ゆったりとしたひとときをどうぞ。

 

◆珈琲・紅茶(クッキー付) 各350円

◆カフェオレ(クッキー付) 400円

◆抹茶(清閑亭セレクトのお菓子付) 500円

◆抹茶フロート 650円

◆侯爵の紅茶(スコーン付) 800円

◆ビール(おつまみ付) 500円

 

<季節限定メニュー(夏)>

★あんみつ 500円

★クリームあんみつ 650円

 

★青森りんごジュース 400円

★レモンソーダ 400円



=====まちなかウォッチング=====

5月の小田原城リニューアル、アド街ック天国放映、

ポケモンgoなど小田原のまちなかに若い人が目立つようになりました。

また、フットワークの軽いシニアの方や歴女が地図を片手に街歩きをする姿も多くなりました。

一方伊勢治書店、茶半家具店など老舗の閉店など淋しい話題が続いています。

時代の流れといえばそれまでですが、街の変遷の中に生活してきた私にとって

かつての銀座通りや国際通りへのノスタルジーに駆られる時があります。

街はこれからどのように変わっていくのでしょうか。

温故知新といいますが言い得て妙、この素晴らしい四字熟語を大切に

小田原の町おこしに一役買いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ◆ ◆ ◆ ◆ 編 集 後 記 ◆ ◆ ◆ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏川を こすうれしさよ 手にぞうり     与謝蕪村

 

与謝蕪村は正岡子規によって一挙に俳人としての価値を見出されたと言われています。

絵描きである蕪村の俳句は情景が目に浮かぶ句が多く素敵ですね。

この句も子どもの頃、暑さを忘れて遊んだ川遊びの楽しさがよみがえってくるようです。 

 

今回も長い通信を読んで頂き有難うございました。(のーちゃん)




トップページ